日本は『義理チョコやめよう』ゴディバの広告見ましたか??

ヒューマンブリッジ大分事業所です。

2月14日と言えばバレンタインデー♡

バレンタインデーを約2週間後に控えた2月1日、日本経済新聞を飾った一面広告をみて、とても衝撃的でした!

あの有名なゴディバが・・・

「日本は、義理チョコをやめよう」

という一文にどんな意味が込められているのかとても興味がわきました!!

バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。

その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。

なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。

気を使う。お金も使う。でも自分からはやめづらい。

それが毎年もどかしい、というのです。

それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。

もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。

いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。

そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。

社内の人間関係を調整する日ではない。

だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。「義理チョコ、ムリしないで」と。

気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。

そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから。

愛してる。好きです。本当にありがとう。

そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい私たちです。

私は個人的に、良い広告だなぁ~と思いました。

けして義理チョコを批判しているわけではありませんが、こんな考え方もあるなぁ~と考えさせられる一日でした♡

大分事業所では、チョコよりも甘~いFaceのスタッフが安心してお仕事に取り組んでいただけるようにさまざまなカタチでサポートいたします♡

お仕事情報はこちらをチェックしてね(^^♪

大分市・由布市エリアのお仕事はこちらをチェック!!

大分事業所ページはこちら!

無料登録はこちら!

お問い合わせは大分事業所までお電話ください

FREE 0120-178-292(携帯電話からも可)

派遣・紹介予定派遣・契約社員・正社員、パートなどライフスタイルにあったお仕事など多数掲載中です☆

たくさんのご応募お待ちしています。

前へ

派遣スタッフとヒューマンブリッジと私(千葉事業所 管理担当)

次へ

山口市にある炭火焼きステーキ・ハンバーグの炉舎(ろのや)さんがボリューミーでぶちうまい(⋈◍>◡<◍)。✧♡